相続で税理士はどんな事をする?

相続時において税理士が必要となる場合は、税金が課税され、申告書を作成しなければいけない時です。亡くなった人の財産から債務を引いた課税価格から、さらに民法によって遺産を取得する権利を有する者一人あたり600万円に3,000万円を加算した基礎控除額を差し引いて残額がある場合に税金が掛かります。その為、税理士には、まず財産の課税価格を調べて貰い、その後、遺産を相続する人に応じた税額を計算して申告書を作成して貰います。申告書の作成は複雑であり、申告期限も10ヶ月以内と短い為、早めに相談する事が望ましいと言えます。

ジャッジガベル
 

遺産相続でもめた場合には

遺産相続は円滑に行くことが最善ですが、残念ながら争いになる場合も決して少なくはありません。遺産の分割で親族間で揉め事になった場合、互いに弁護士を立てて裁判所を介して調停することになります。遺産相続の場合、相続税の納付などの問題もありますから、裁判も迅速かつ確実に行わなければいけません。弁護士だったら誰でもいいわけではなく、やはり得手不得手がありますから、相続問題に詳しい人を選ぶことが調停にあたっては重要です。

弁護士の深い情報

↑PAGE TOP